読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業ってつらいよね!

心理学&マインドフルネスで楽になる!

接客業の人が「マスク」をつけないほうがいい理由

皆さんは仕事中「マスク」をしていますか?
 
最近は普段から予防のため、マスクをしている人も多くなりました。
 
コホコホと咳をしているときは、お客様も不快に思われますので、
つけるのはし方ないところもあると思います。
 
ですが予防のためにしている人、女性で化粧を隠すためにしている人。
 
これはどうでしょう?
 
 
わたしはあまりよくないと思います。
 
なぜならそれは・・・
 
 

 

 
あなたの表情が見えなくなってしまうから。
 
 
 
いかに接客が素晴らしくても能力が高くても、そのことが見た目に現れなければ
お客様には伝わりません。
 
アメリカの心理学者、ティモシー・ウィルソンの研究によると、
 
 
人はその時初めて出会った相手を、たった2秒で印象を決めてしまう
 
 
ことを明らかにしました。
 
 
人は無意識の1秒間に1万4,000もの視覚情報を取り入れ、この人は優しそうだなぁとか、
お、この人は信頼できそうだぞ、などだいたいの印象を作ってしまうそうです。
 
 
会った時点の一瞬で、好き嫌いはほぼ決まってしまうということです。
 
 
たった2秒で印象が決まってしまうなんて、ちょっとこわいですよね^^;
 
 
 
ですので、マスクで顔を隠しているということは、自分からあえて
お客様に好かれにくい状況を作っているということになります。
 
 
これは、接客をする上でめちゃめちゃ大きなハンデになってしまいます!
 
 
また、 その1人がお客様に悪印象与えてしまうと、
店全体のイメージが「暗い」ということにもなりかねません。
 
 
やはり、良い印象を持ってもらうためにも、
なるべくマスクは付けない方がいいのではないでしょうか?
 
 
お客様とお会いした際は、
 
 
「にっこりと笑顔」をお見せする。
 
 
これが1番です。
 
 
みなさんも「そのマスクは本当に必要なものなのか?
もう一度考えてみましょう。
 
 
そのマスク本当はものすご~く損をしているかもしれませんよ。
 
 
それでは今日はこのへんで、
ありがとうございました^^